下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
なんてことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
オークションのように競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

スバルXV海外車クロストレックはプラグインハイブリッドを2019年も採用?


スポンサーリンク

スバルXVの海外車・クロストレックとは

スバルがアメリカに置いているスバルオブアメリカではスバルXVをクロストレックとして販売しています。
初登場は2013年のニューヨーク国際自動車ショーで、スバルXVクロストレックハイブリッドはスバル初のハイブリッド車としてその名を轟かせました。
先述の通り、スバルXVをクロストレックとして販売しているので中身はほぼ同一です。
北米のスバル内では3番目にランクインする人気で、日本の数十倍売れているのも事実です。
以降、3代目のGT系になってもスバルXVと変わらず販売されております。


スポンサーリンク

クロストレックのプラグインハイブリッドとは

そして2018年、クロストレックにスバル初となるプラグインハイブリッドを搭載する事になりました。スバルXVでは発売の予定はなくe-BOXER搭載は発表しましたので、ここからそれぞれのブランドを築き上げていくといった戦略が伺えます。

プラグインハイブリッドはトヨタのハイブリッドベース(THS)を搭載し、エンジンは水平対向4気筒で、トランスミッションはリニアトロニックCVT、駆動はAWDを予定しています。


スポンサーリンク

クロストレックの2019年モデルは

さらに2019年モデルも発表されました。
これまで6速マニュアルのトランスミッションが一部標準装備だったのが全車種リニアトロニックのCVTとなり、アイサイトも最新版を全車種に搭載されます。

アイサイトの内容については、
・プリコリジョンブレーキ:衝突を未然に防ぐブレーキシステム
・アダプティブクルーズコントロール:ブレーキ制御も兼ねた車間距離制御機能
・レーン逸脱警告:車線を逸脱しそうになった時の警告音
・レーンキープアシスト:車線内を保つためにハンドルを自動的に切るアシストシステム

その他には
・ブラインドスポットディテクション:車両後方の死角をレーダーで検知してサポート
・レーンチェンジアシスト:車線変更時の運転支援装置
・クロストラフィックアラート:駐車場などに停める際の後退時に横から接近しようとする車両を知らせる警告音
・ハイビームアシスト:夜間時、前の車両がいない時に自動的にハイビームを切り替える
・ステアリング連動ヘッドライト:コーナーなどのカーブ走行時にヘッドライトが曲がりたい方向を照らすシステム
・後退時の自動ブレーキ:駐車などで停める際に壁などに衝突しないように自動ブレーキアシスト
・LEDヘッドライトの高さ自動調整機能

などが装備されます。
プラグインハイブリッドなどの燃費向上だけでなく、安全向上も目指しているスバルらしいモデルと言えます。


オデッセイが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

オデッセイがほしい!

今のオデッセイは、中身はゆとりがあり、走りは走行機能が多彩について、さらに安全性能もついて燃費の良い車です!!

『ミリ波レーダー』と『単眼カメラ』で異なる特性を持つ2つのセンサーなどにより、安心・快適な運転を支援というのは
今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「やっぱり高い・・・」
  • 「頭金とボーナス払いができない・・・」
  • 「値引き交渉がうまくやれた自信がない」
  • 「ディーラー回りが疲れる」
  • 「しかもディーラーの押しの売り込みがもう嫌」
  • 「できれば納得いく価格で手に入れたい…」

などなど、お金や納得ではなく、悩みばかりが出てきます。

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能ばかりであてにならず。

家族に相談しても費用的なことでうるさく言われて、誰も答えてくれません。

求めているのは愚痴じゃないんだ!

下取りより買取!

8年以上乗っていたの前の車、
ディーラーの下取りでは、
同じメーカーからの乗り換えだからとおまけしてもらって、
30万円でした。

値引き額はというと、この時点で
40万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もうちょっと、そこをなんとか・・・」とは言えない状況でした。

ここで、あまりにも興味が無さそうだった妻に、
「そろそろ次に行きたい店があるから帰ろう」
と言わせ、保留にしました。

そして、次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…
なんと、50万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

下取りを高くして安く買える裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になる
なんてことも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
オークションのように競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!